ライオンズクラブとは

メルビン・ジョーンズ

ライオンズクラブは、1917年アメリカ合衆国シカゴ市でメルビン・ジョーンズの提唱により誕生しました。
現在世界約210カ国140万人、日本では12万人を超える会員で構成されている世界最大の奉仕団体です。


モットー

We Serve 「我々は奉仕する」

スローガン

Liberty, Intelligence, Our Nation's Safety 「自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる」
テーマ
We Serve パワー・オブ・アクション(行動の力) パワー・オブ・ウィー(“We”の力) パワー・オブ・サービス(奉仕の力)

国際会長  L. ナレシュ・アガワル

提言
原点回帰・明日への一歩

ガバナー  L. 向井 健次

筑後ライオンズクラブについて

筑後ライオンズクラブは1961年3月に結成して以来、青少年健全育成や地域に根ざした、さまざまな活動を行ってまいりました。
平成22年11月20日に50周年記念を迎えました。今後もさらに歴史を積み重ねて、奉仕の輪を広げていきたいと思います。

これまでの活動(一部)

筑後LC旗争奪市内剣道大会
市内小学生・中学生約200名の参加があります。当クラブで最も長い継続事業です。

筑後LC杯少年サッカー大会
毎年元気な子供達のかけ声が響き渡ります。

筑後市より、社会功労者表彰を授与しました。

年2回の献血(11月・4月)4月は満開の桜の木の下での開催です。

JR羽犬塚駅西口広場にライオンズガーデン寄贈

筑後市観光協会事務所看板寄贈

  • 中ノ島公園の清掃(瀬高LCと合同)
  • 筑後ライオンズクラブ旗争奪市内少年剣道大会(40回)
  • 筑後養護学校卒業生の成人を祝う会(27回)
  • 筑後ライオンズクラブ杯市内少年サッカー大会(20回)
  • 陸上自衛隊中央音楽隊特別演奏会
  • 筑後警察署へミニ制服寄贈
  • JR羽塚駅西口サザンカ広場に記念植樹
  • 横山三男市民健康講座(エイズ)
  • ブロンズ母子像『愛』を筑後市に寄贈
  • 勤労婦人センターへ庭園を寄贈
  • 『羽犬の像』寄贈 30周年
  • 音楽会『胡弓』35周年
  • 文化財説明板 40周年
  • 市内小学校に図書寄贈
  • 日韓親善ぼくらのサッカー交流会
  • 筑後市立病院へブロンズ像『やすらぎ』寄贈
  • ウォーキング大会
  • 少年野球教室(ソフトバンクホークス川崎選手・田之上選手)
  • 防犯協会へパトロール車寄贈(45周年記念)
  • 筑後市青少年育成市民会議へテント10張り寄贈(45周年記念)
  • 視力ファーストⅡキャンペーン(失明撲滅運動)3,252,350円
  • 記念植樹陽光桜・ムクゲ(45周年記念)
  • 自動体外式除細動器(AED)3台筑後市へ寄贈
  • ダメ。ゼッタイ。普及運動街頭キャンペーン参加
  • 講演会 鈴木健二 木元教子 イーデス・ハンソン 中畑清(50周年記念)
  • 新幹線筑後船小屋駅前広場に記念植樹
    記念植樹
  • JR羽犬塚駅前に時計塔
  • JR羽犬塚西側に日本庭園作庭
    日本庭園
  • 筑後市安全で安心できるまちづくり推進協議会へ見守り隊ベスト
  • 筑後市防犯協会へプロジェクター・スクリーン
  • 新幹線筑後船小屋駅前広場に広告塔
    筑後船小屋駅前広告塔
  • くすべぇ絵本贈呈
  • スコアボード
  • ライオンズガーデン清掃
  • 55周年記念事業 筑後広域公園へ時計塔寄贈
    時計塔
  • 筑後特別支援学校へ暖房機寄贈
    暖房機
  • 筑後市観光協会事務所看板寄贈
  • 少年サッカー教室
    少年サッカー教室
  • 熊本地震復興支援チャリティー公演「DRUM TAO」を行い、収益金(224万円)はすべて益城町・西原村に寄贈しました。
    DRUM TAO公演 収益金寄贈
  • AED寄贈
    AED寄贈

入会案内

筑後ライオンズクラブへの入会をお考えの方は、お電話、メール、またはお知り合いの会員を通じてご連絡ください。担当者がご説明にお伺いします。
詳しくはパンフレットをご覧ください。
パンフレット(PDF)

筑後市について

筑後市

福岡県筑後市は、筑後平野の中央に位置する田園都市です。
古くから西海道が通じる交通の要衝として栄え、市街地はJR羽犬塚駅と国道209号、国道442号沿線を中心に形成されています。
温暖な気候と肥沃な土地、恵まれた水を利用して、古くから農業が盛んに行われてきた一方、久留米絣に代表される数々の特産品でも名が知られています。
また、交通の便の良さを生かして企業誘致にも力を入れ、多くの製造業企業が立地しています。
周辺のほとんどの自治体で人口が減少する中、年々人口や世帯数が増加しており、平成23年3月の九州新幹線筑後船小屋駅の開業や、平成23年12月に用地が選定された福岡ソフトバンクホークスファーム本拠地等、将来への大きな期待が寄せられています。

ページの先頭へ