会長挨拶

筑後ライオンズクラブ会長 会長所信 念ずれば花ひらく

筑後ライオンズクラブ会長  L. 牟田 利弘


2004年1月に入会し、前会長L城﨑洋子のあとを受け、第58代会長を拝命致しました。

前会長がすばらしい事業をされ、筑後ライオンズクラブの名をさらに知らしめていただきましたので、少しプレッシャーを感じております。入会して13年の間に、青年会議所や商工会議所の青年部とは又違った色々の経験や多くの方々と知り合う事ができました。会長としてのこれからの1年これら経験をもとに私をはじめ3役まだまだ未熟ではございますが、1年間のご協力よろしくお願い致します。

さて、本年ガバナーL向井健次の提言であります「原点回帰・明日への一歩」でありますが、今まで行ってきたライオンズの奉仕活動をより充実したものにしていき、地域の人々と、さらなる信頼を築いていきましょう。という事ではないでしょうか。

さて、私の所信でありますが、「念ずれば花ひらく」といたしました。詩人坂村真民の言葉であり、詩碑737基のうち505番碑は八女高校の南門の所にあります。
故L馬場政英が努力交渉して、市立病院の敷地から現在の場所へ移築したそうです。
意味としては「一生懸命に祈るように努力をすれば、自ら道は開ける。夢や目標がかなう」という事らしいです。念じるの念は今と心からなります。目の前にある事を一生懸命にやる、実践するという意味があります。スローガンは私の座右の銘であります、「受けて忘れず、ほどこして語らず」にしました。人の世話になったら一生忘れるな。逆に何か人の世話をした時は黙って忘れよ。という意味です。自慢ではなく、感謝の気持ちを忘れない人でありたいし、又そういう団体でありたいと思います。
5役の皆様そして、役員の皆様には大変ご苦労をおかけすると思いますが、今行っている継続事業の充実、そして更なる地域社会への奉仕、会員の増強に向けて、明るく、楽しく、役に立つライオンズ活動を行ってまいりますので皆様方のご指導、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

幹事挨拶

筑後ライオンズクラブ幹事

筑後ライオンズクラブ幹事  L. 秋山 伸也

今期、牟田利弘会長の幹事を仰せつかりました秋山伸也(のぶや)と申します。幹事の仕事はまだ勉強中ですが、「気配り、目配り、心配り」この3信条で、会長のテーマに従い、クラブが一層と良き歴史を歩めるように、一生懸命頑張りたいと思います。至らないところだらけですが一年間どうぞよろしくお願いいたします。

会計挨拶

筑後ライオンズクラブ会計

筑後ライオンズクラブ会計  L. 田中 道信

この度、筑後ライオンズクラブの会計を拝命致しました田中です。
58年という伝統あるクラブにおいて、身に余る大役を仰せつかりその責任の重さを痛感している次第であります。
諸先輩のいる中から、この大役を無事果たせるか自信の程はありませんが牟田利弘会長、秋山伸也幹事、両氏のご指導をただき、メンバーの皆様のご協力を得てこの一年間任務を遂行して行く所存です。
ライオンズクラブの「奉仕の精神」でクラブの皆様と相互理解を深めクラブの運営に全力で努めて参りますので、温かいご理解とご指導、ご鞭捷を宜しくお願いいたします。

ページの先頭へ